婦人

年齢を感じさせない肌に|ほうれい線を消すならこれ!

除去方法と選ぶ病院

頬を触っている女性

顔や目立つところなどに大きなほくろや、ぷっくりと膨らんだほくろがあると気になってしまい、悩んでいる方も多いと思います。最近では、そんな気になるほくろ除去を行う人も増えてきており、ほくろの除去方法もさまざまな種類があります。一番手軽なものだと、ほくろ除去クリームや、ほくろの色素をレーザーで破壊する治療法、大きなほくろだとメスを入れるものが主流で、自分にあった治療法を選ぶことができます。また、最近では少し前までメスを入れることでした除去できなかった直径5mm〜9mmのものまでレーザーで除去できるようになっており、ほくろ除去の技術は日々進歩しています。そのため、大きなほくろに悩んでいたけれどメスで切るのは怖いという方も、気軽にほくろ除去を行えるようになってきています。

ほくろ除去を行う場合、皮膚科や美容外科クリニックなどで行うことになります。そして、どうしても気になってしまうのは除去にかかる費用だと思いますが、そこで重要なのは、保険が適用されるかどうかです。まず、保険適用になるかどうかは、そのほくろの形状や症状、治療法、選ぶ病院などで決まります。形状や症状については、ほくろからの出血や悪性腫瘍の場合があるかやその大きさなどを見て医師が判断することになります。また、メスを入れる治療法や、炭酸レーザーによる除去などの場合は保険適用の可能性が高いです。そして一番重要なのは、除去をしてもらう病院です。一部の美容外科クリニックでは、健康保険が使えない場合があるので、治療を受ける医療機関で健康保険が使えるかはチェックしておくのがおすすめです。