婦人

年齢を感じさせない肌に|ほうれい線を消すならこれ!

美容整形の医師に診断を

ウーマン

素人判断は危険です

目のクマは素人判断するべきではなく、美容整形の医師にきちんと診察してもらうことが大切です。もちろん、理由があります。目にクマが出来る人のなかには肥満の方がいます。あまり知られていませんが、目のクマの原因の一つに肥満(生活習慣病)があるからです。もちろん、それには理由があります。生活習慣病の多くは血糖値が高い傾向にあります。そうなると体内のタンパク質と糖が結合して糖タンパクに成りやすい状態にあります。体中に糖タンパクが出来ることは肌がくすむ原因です。そのくすみが色濃く出てしまうのが目の下、つまり目のクマになるわけです。その色は茶色であるため、一般的にメラニン色素による色素沈着による茶グマと誤認されることも少なくありません。

正しい診断の元で処置を

素人判断で目のクマを診断してしまうと、その原因も見失ってしまう可能性もあります。糖タンパクが原因の目のクマのとき、メラニン色素が原因だと信じ込んでメラニンの生成を減らす化粧品や色素を壊すレーザー治療を使っても意味がありません。そもそも、そこにはメラニン色素がないからです。無駄な時間と費用を費やすだけで、目のクマはそのままという最悪の状態です。そのため、きちんと美容整形の医師に診断してその原因を正しく認識することが大切となります。原因が分かれば、医師から適切な処置を窺うこともできます。そのとき医薬品を処方してもらったり、ヒアルロン酸注射などの治療法の提案などを受けるわけです。それに基づいて対応すれば、目のクマは治りやすくなります。